怖い人達が取り立てにくることもある?

怖い人達が取り立てにくることもある?

怖い人達が取り立てにくることもある?

キャッシングを利用する際にはしっかりとした返済計画を立てて利用、返済していくことが求められます。しかし、計画通りにいかずに返済が遅れてしまうということも考えられます。よくドラマとかだと、黒服の怖い人たちだとか、やくざ風のおじさんたちが取り立てに来たりしますが、現実にそんな目に合うことはあるのでしょうか。

当たり前ですが、そんなことをすれば犯罪になってしまうので、現実ではありえないと考えて良いでしょう。特に、銀行系金融や大手消費者金融では、少し返済が遅れた程度ならお客様として丁寧に扱ってくれます。返済が遅れた分だけ利息付で払ってもらえますし、最終的に法的な手段も取れるからです。取り立ても行われますが、催促といった感じで暴力性や違法性はありません。ただし、あまりに返済が遅れればブラックリスト入りしてしまい、キャッシング出来なくなるので、もし返済が遅れたというときにもなるべく早く返せるようにしましょう。

返済が遅れるときには連絡を入れよう

返済期限をオーバーしてしまいそうというときには、事前にこちらから連絡を入れましょう。黙っていれば金融会社側から連絡がありますが、こちらから連絡したほうが相手側も状況を把握しやすいです。また、早めに返済計画について筋道を相談できるので、返済も行っていきやすいです。

ヤミ金などでは話は別

一般にヤミ金などと呼ばれる悪徳金融であれば、一般論は通用しないかもしれません。返済が遅れると利息が増えたり、違法な恐喝を行う悪徳金融もいまだにあるようですので、利用する会社はよく選ぶようにしましょう。もしそういった会社にあたったら、警察や弁護士などに相談してみましょう。前述の通り、銀行系キャッシングや、大手消費者金融系でのキャッシングであれば、何ら心配はありません。よっぽどのことがない限り、違法性のある金融に行きつくことはないでしょう。また、これらの話はちゃんと返済できれば無縁の話となります。

ホーム サイトマップ