万が一返済が遅れたらどうなる?

万が一返済が遅れたらどうなる?

万が一返済が遅れたらどうなる?

キャッシングを行う前に必ず考えることに「本当に返済できるかどうか」というものがあります。お金を借りたら返さなければならず、利息付で返すわけですから借りた時より負担が大きくなります。キャッシングを行う際には、自分の返済能力に見合った借り入れを行う必要があります。では、もしも返済が遅れてしまった際にはどうなってしまうのでしょうか。たとえしっかりとした計画性をもってキャッシングしたとしても、この不景気の社会では突然収入が減ったり、出費が増えるというのもあり得ない話ではありません。そうなれば、予定通りに返済するのは難しくなるでしょう。

返済期限過ぎれば会社の態度も一変して返済を急かすかといえば、そんなことはありません。まず、返済期限を過ぎた当日や数日後に、金融会社側から電話で連絡があります。これが最初の返済に関する督促になります。返済期限を過ぎた数日後〜1か月程度で、督促状が郵送されてくることになります。この間も、金融会社から電話で連絡があると思います。この督促期間中であれば、金融会社側も普通のお客様として対応してくれます。まともに返済したいなら、この督促期間中に返済してしまいましょう。

督促になかなか応じないともなると、会社側から一括請求の請求書が届いたり、自宅などに直接スタッフが取り立てに来ます。一括請求となると金銭面での負担が大きくなってしまうので、より一層返せなくなります。また、取り立ては暴力的なものではありませんが、会社側も困ったお客様といった扱いになり出します。

さて、これら請求や取り立てにも応じないとなると、金融会社は裁判所に申請して、財産差し押さえに来ます。こうなったら債務者に抵抗する権利はありません。裁判所に申請して行われる法的な差押えですから、抵抗すれば罪になりかねません。差し押さえは、住宅にある財産を没収したり、収入から天引きしていくなどといった方法で徴収していきます。こうなると生活も危うくなるので、もし返済が遅れたというときにも、なるべく早く返せるように努める必要があります。

ホーム サイトマップ