学生ローン

定職に就いてない学生なら学生ローン - キャッシング会社を選ぶ基準

定職に就いてない学生なら学生ローン

キャッシングというと、借り入れする前に厳正な審査が行われることになります。キャッシング会社も、無条件で貸し出していては倒産してしまうので、利用者の返済能力はかなり重要視しています。ですので、一定の収入が無かったり、定職についていないという方は大抵審査で落ちてしまい、キャッシングをしたくてもできないという状態にあります。

収入が一定しない身分として「学生」があります。ほとんどの学生は勉学に励み仕事はしておらず、働いていてもバイト程度です。しかし、学生であってもお金を借りたい、借りる必要があるというケースは少なくないでしょう。そんな学生でもキャッシングが利用できるサービスに、「学生ローン」というものがあります。学生ローンとは、18〜20歳以上の学生に対して提供されるキャッシングサービスのことで、収入の無い学生であってもお金を借りることが出来るというものになります。この学生ローンを使えば、もしもの際にもお金をうまく工面することが可能となります。

学生ローンを利用するには?

学生ローンを利用するためには、身分証明になる免許証や住民基本台帳、保険証などと、学生証が必要となります。学生でも借りやすいように設定されていますから、審査も通りやすい傾向にあるのがうれしいポイントです。

借入限度額は低めに設定されている

学生ローンの借入限度額は、通常のキャッシングにおける限度額よりも低く設定されています。学生であればそんなに大口の借り入れは必要ないことと、現実的な返済可能範囲を想定して、低めに設定されているようです。

金利も低めに設定されていることが多い

学生ローンの嬉しいポイントの一つとして、金利の低さがあります。ほとんどの学生ローンにおいて、通常のキャッシングと比べて低金利に設定されています。学生であっても返済しやすいように設定されており、一定の収入の無い学生であっても安心して利用することが出来ます。

尚、学生ローンには電話による在籍確認がありません。詳しくは学生ローンと審査を参照ください。

ホーム サイトマップ